タイヤを見る時タイヤもこちらを見ている・・・!?

こんばんは、ナップス足立店です!(ノシ*'ω'*)ノシ
年始の忙しい時期がやっと落ち着いてきましたね。これからまたブログをこまめに更新していきますので、よろしくお願いいたします!(*- -)(*_ _)ペコ

突然ですがバイクに乗る前、愛車の状態を確認していますか?
日頃からバイクの状態を確認する事で防げる事故もあります。
たとえば長距離ツーリングの前にタイヤの状態を確認しておけば、「ツーリングの途中でタイヤがダメになってしまった!ゴルゴムの仕業だ!という事態が防げますし、ブレーキ回りを確認しておけば「ブレーキが効かない!おのれディケイド!という事態が防げますね。

でも全部チェックするのは時間がかかる・・・(-ω-;)と思う方もいらっしゃいますよね。
そんな方は最低限「ブタと燃料」と言われる4カ所だけでもチェックしてください!

ブ=ブレーキ
タ=タイヤ
と=灯火類
燃料=ガソリン

・ブレーキは効くか、パッドやフルードの残量はどうか
・タイヤの空気圧は十分か、ヒビや亀裂は無いか、溝はあるか
・ヘッドライトやウインカーなどの電球は点くか
・ガソリンは残っているか
これだけならじっくり見ても2、3分程度なので、バイクに乗る前の習慣にする事でより安全にバイクを楽しめます(*^-^*)

という事で、今日は基本に立ち返って、「ブタと燃料チェックしてますか~タイヤ編~」です!!
ブからやらないんかい!

まずタイヤで真っ先にチェックできる事と言ったらです。
溝がなくなってツルツルになったタイヤで走るのは危険です。マジでめちゃくちゃ危険です、ガチで。

交換時期の目安として確認していただきたいのはここ!

IMG_20200109_170925.jpg

この△マークを辿っていくと、溝の中にちょっとだけ出っ張ってる部分があります。

IMG_20200109_171004.jpg

この部分ですね。
タイヤがすり減って溝がなくなり、タイヤの面がこの出っ張りの部分と同じ高さになったら要交換の時期!
溝は残ってるけどツルツルになってる部分もある、という場合も交換した方が安全です。

・ぐるっと一周して溝が残っているか、亀裂や異物が無いかをチェック!

問題なければ次はエアバルブの様子を見てみましょう!

IMG_20200109_164748.jpg

エアバルブは根本の部分がゴムでできているので、劣化してヒビが入るとここから空気が漏れてしまいます。
もっと劣化が進むと曲げたら折れます。

・エアバルブは劣化していないかチェック!

問題がなければ次は空気圧を確認しましょう。

空気圧は高すぎると破裂しやすくなったり、低すぎるとパンクしやすくなったりタイヤが外れる可能性があります
バイクごとにメーカーが指定してる数値があるので、それを目安に入れるのがオススメです。

IMG_20200109_144453.jpgIMG_20200109_144446.jpgIMG_20200109_144412.jpgIMG_20200109_144438.jpgIMG_20191216_171558.jpg

・空気圧は適正かチェック!

!注意!
空気圧を測定する時は必ずタイヤが冷えてる時に測定してください!
タイヤが温まってると正確な数値が出ない場合があります。

タイヤの空気は乗らなくても自然と抜けてしまうので、こまめに補充するのをオススメします。
足立店の駐輪場にも空気入れがありますので、お気軽にご利用ください☆(*^-^*)


数分のチェックが安全で快適なライディングに繋がります!
お出かけ前の「ブタと燃料」をお忘れなく!ヨシ‼(σ・∀・)σ

この記事へのコメント

※記事内の価格表記は、執筆当時の価格となります事をご了承ください

ナップス足立店 お店へのアクセス お問い合わせフォーム TEL:03-5613-0171